日本共産党埼玉東部北地区委員会

日本共産党東部北地区委員会の活動や情報を紹介するブログです。


宮代町議会議員選挙

日本共産党宮代町委員会は、2016年2月2日告示、7日投票でおこなわれる宮代町議会議員選挙(定数14)に、丸藤栄一(現)、山下秋夫(現)の2名の現職候補を擁立することを決定しました。以下、経歴を紹介します。
 
    
丸藤栄一
1951年北海道富良野市出身、1974年日本工業大学卒業、
1980年町議会議員に初当選(現在9期目)
住所:中島241番地3、電話:0480(34)2940
  

   
山下秋夫
1950年宮代町生まれ、
水野ハンディー・ハーマン(株)労働組合委員長、須賀上自治会副区長など歴任、
2012年町議会議員に初当選(現在1期)
住所:須賀1249   ☎0480-33-1465

「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます

写真
国民連合政府提案の記者会見をおこなう志位和夫委員長
  
 「国民連合政府の実現をよびかけます」全文
 
 日本共産党は9月19日、党本部で第4回中央委員会総会を開き、「『戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府』の実現をよびかけます」との志位和夫委員長の提案を総会として確認しました。
 提案は、安倍内閣による憲法違反の戦争法の強行を糾弾するとともに、これに反対して戦後かつてない新しい国民運動が広がっていること、それを背景に野党の共闘も発展したことの意義を強調し、第一に、戦争法廃止、安倍内閣打倒のたたかいをさらに発展させることを訴えています。提案は第二に、戦争法廃止で一致する政党・団体・個人が共同して国民連合政府をつくろうとよびかけ、第三に、この国民連合政府樹立で一致する野党が、国政選挙で選挙協力をおこなおうとよびかけています。
 総会終了後に記者会見をおこない、会見にはテレビや新聞など約20社の記者やカメラマンが駆けつけ、質問が引きも切らない状況となりました。志位委員長は、「国民連合政府」とはどのような政府か、その綱領的な位置づけと歴史的な意味、他党との選挙協力のあり方や実現の可能性などに関する問いの一つ一つに丁寧に答えました。



参議院選挙・比例候補の紹介

おくだ智子比例候補

奥田ともこ 1968年、埼玉県鳩ヶ谷市(元川口市)生まれ。東京家政大学卒業後、人材派遣会社勤務。98年から2011年まで4期13年間、鳩ヶ谷市議。14年埼玉県議補選で当選。12年、14年の衆院選埼玉2区に立候補。