日本共産党埼玉東部北地区委員会

日本共産党東部北地区委員会の活動や情報を紹介するブログです。

戦争法廃止の政府をどうつくるのか シンポジュウム


5野党合意も力に戦争法廃止へ全力をあげると語った伊藤氏(右から3人目)。その左へ、日森、松崎両氏。右2人はVIPとママの会の代表=2月27日、春日部市

 埼玉県春日部市の市民文化会館で2月27日、「戦争法を廃止する政府をどうつくるのか」をテーマにシンポジウムが開かれ、約260人が参加しました。「戦争イヤだ!『戦争法』廃止を求める春日部市民の会」の主催。
 日本共産党と社民党、生活の党、「安保関連法に反対するママの会@埼玉」、大学生・高校生でつくる「VIP埼玉」の各代表が発言しました。
 共産党の伊藤岳県民運動委員長(参院埼玉選挙区候補)は、戦争法廃止に向けて選挙協力するとした「5野党合意」を紹介し、「野党が共闘し、自民、公明を少数派にするために力を合わせます」と表明。「戦争法を廃止し、立憲主義と民主主義を取り戻す野党の姿が国民に見えてくれば、安倍政権に代わる対抗軸になります」と語りました。
 生活の党の松崎哲久元衆院議員は「『戦争する国』を阻止するという一番の価値のために野党がまとまることはできる」と指摘。社民党の日森文尋元衆院議員は、戦争法以外の政策の合意について「この課題なら一致できるというものを積み上げていけば展望が開けるのではないか」と語りました。
 ママの会の女性は、5野党合意を歓迎し「野党をつなぎ合わせる役割を果たしていきたい」と述べ、VIPの青年は、「野党は国民が希望と展望を持てる政策を打ち出してほしい」と求めました。
 シンポジウムに先立ち、小林節慶応大学名誉教授のインタビュービデオを上映。集会後、参加者は春日部駅前までパレードし、「戦争法は廃止に」と訴えました。
(しんぶん赤旗2016年3月2日付より)  
  
  
シンポジウム 戦争法廃止する政府をどうつくるのかin春日部 動画
 
 
  


宮代町議選 現職2氏が当選 公約実現へ全力

 7日投開票された埼玉県宮代町議選(定数14、立候補16人)で日本共産党は、丸藤栄一(64)、山下秋夫(65)の現職2氏が当選し、現有議席を確保しました。
 丸藤、山下両氏は「戦争法廃止、暮らしを守ってほしいという願いを共産党に託してほしい」と訴え、国民健康保険税引き下げや小中学校全教室へのエアコン設置、町外医療機関での子ども医療費窓口払い撤廃などの政策を語りました。共産党は「公約実現に全力をあげる」としています。
  宮代町議選(定数14、立候補16人)、議席占有率 14.29%、投票率 48.64%

当 山下秋夫 65現 854票(6位)
当 丸藤栄一 64現 687票(11位) 

(しんぶん赤旗2016年2月9日付より)


宮代町議選挙告示、第一声

2日告示された町議選は、定数14に対して16人(共産2、公明2、民主1、幸福1、無所属10)が立候補し、2人はみ出しの少数激戦となりました。
 日本共産党の現職・がんどう栄一候補と山下あきお候補は、伊藤岳・参院埼玉選挙区予定候補、秋山文和県議の応援をうけて、元気に第一声をおこないました。がんどう候補の出発式には80名をこえる支持者が、山下候補の出発式には70名をこえる支持者が参加し勝利の決意をかためあいました。
 日本共産党のがんどう栄一、山下あきお両候補は第一声で、町民から寄せられている「生活が苦しくなった」という声にこたえて、「くらし・福祉第一の町政」を実現することを強調。高すぎる国保税や介護保険料の引き下げ、総合病院の誘致、小中学校へのエアコン設置など、町民の切実な願いを実現するため、「何としても2議席を確保させてほしい」と訴えました。
 伊藤岳氏は「今度の町議選は、『町民のくらしの願いにこたえられるのは、どの党・候補者か』が問われるだけではありません。『安倍暴走政治はストップを』という町民の意思をはっきりと示す選挙です」と強調。「日本共産党の勝利で、『戦争法は廃止を』『消費税10%ノー』の声を、この宮代町からあげていこうではありませんか」と訴えました。
 日本共産党以外の候補は、町民への負担増や福祉切りすてを容認・推進してきたことにはいっさい触れずに「宮代でも少子化が問題になっている」「安心・安全のまちづくりを」などと述べただけで、応援に入った自民党や民主党の国会議員も単なる「お願い」に終始。戦争法や消費税の問題などについては何も語りませんでした。

がんどう栄一候補      


山下あきお候補


宮代町議選挙・日本共産党演説会動画

宮代町議選勝利と安倍政治に代わる戦争法廃止の国民連合政府を実現するために力を合わ­せましょうと日本政治の全般にわたって訴えました。
宮代町進修館 小ホール  2016年1月17日(日)

塩川鉄也衆議院議員が宮代町・日本共産党演説会で訴え

山下あきお町議、がんどう栄一町議のあいさつを紹介します。