日本共産党埼玉東部北地区委員会

日本共産党東部北地区委員会の活動や情報を紹介するブログです。

米価下落対策求める建議書

埼玉県春日部市農業委員会は9月25日、日本共産党の坂巻勝則委員が提案した、米価の安定対策を求める建議書を賛成多数で可決しました。

建議書は、生産者米価が全国的に暴落するなかで、春日部市でも60㌔あたり1等米で8000円になるなど、コストの半値以下となっているとしています。

また、同市の約30%を占める農地面積は県内で9番目の広さであり、農業従事者の多くは米農家だとして、「米価の暴落は、農家はもちろんのこと、地域経済に計り知れない大きな影響を及ぼすことは明らか」だと指摘。政府に対し、政府所有の古米を飼料用に回し、過剰な2013年度米を買い上げるなど、早急な対策を求めています。(赤旗2014年10月3日付より)


「しんぶん赤旗」の庁舎内での販売・勧誘について/「産経」報道について党春日部市議団が見解発表

9月10日付「産経」が社会面で「春日部市 役所内で赤旗勧誘 禁止へ」の見出しで報じた問題で、日本共産党春日部市議団は、以下の「見解」を発表しました。
 
9月9日、9月市議会定例会の一般質問において井上英治議員(無所属)が、「市役所内での赤旗の販売活動問題について」取り上げ、翌日の産経新聞が「春日部市 役所内で赤旗勧誘 禁止へ 共産党市議の行為『認めていない』」の見出しで、この質問の内容を報道しました。

この記事では、市役所内のすべての場所で、「しんぶん赤旗」の勧誘が禁止とされる内容になっています。現在、庁舎内では、「しんぶん赤旗」に限らず公明新聞を含む様々な新聞や物品が、庁舎管理規則にもとづいて許可を得て販売、購読されています。

井上議員に対する総務部長の答弁でも明らかなように、「許可を得た物品でも執務室内での勧誘や販売を禁止している」のであって、「しんぶん赤旗」の勧誘、販売も庁舎内のすべての場所で禁止されているわけではありません。

また、井上議員は記事の中で「市議という立場を利用して市幹部に売りつけるパワーハラスメントに類する行為ではないか」とコメントしていますが、「しんぶん赤旗」は市職員との合意によって購読されているものであり、購読を強制しているものではありません。

産経新聞の今回の記事は、井上議員の一方的な主張のみを掲載し、「しんぶん赤旗」の販売・購読が市役所内で全面禁止されたかのように描くなど、「正確で公正な記事」という新聞倫理綱領にも反するものです。


参議院選挙

日本共産党は、2016年夏に予定される参議院選挙で、埼玉選挙区候補に伊藤岳・党県常任委員を候補者として発表しました。
 また、比例代表選挙に8人の候補者(第一次発表)を発表しました。おくだ智子・元埼玉県議が埼玉県を含む北関東を主に活動する候補者として活動します。

街頭で訴える伊藤岳候補
伊藤岳(いとう・がく)
1960年埼玉県生まれ。文教大学卒業。2010年、13年参院埼玉選挙区に立候補。現在、党県常任委員、県民運動委員長

おくだ智子比例候補

奥田ともこ
1968年、埼玉県鳩ヶ谷市(元川口市)生まれ。東京家政大学卒業後、人材派遣会社勤務。98年から2011年まで4期13年間、鳩ヶ谷市議。14年埼玉県議補選で当選。12年、14年の衆院選埼玉2区に立候補。






杉戸町議会議員選挙

8月4日告示、9日投票で杉戸町議会議員選挙(定数15)がおこなわれます。日本共産党は、阿部啓子(現)、森山哲夫(現)、石川敏子(現)の3名の現職候補を擁立します。


阿部啓子
1950年東京都生まれ、1979年町議会議員に初当選(現在9期目)
職美協会員/杉戸美術家協会会員、電話0480-38-0542


森山哲夫
1958年杉戸町生まれ、1987年町議会議員に初当選(現在7期目)
元埼玉土建一般労働組合書記、電話0480-33-0310


石川敏子1950年栃木県生まれ、1999年町議会議員に初当選(現在4期目)、
新日本婦人の会杉戸支部長など歴任、電話0480-34-9455

県議団

 
秋山文和
東7区(春日部市、定数3)選出
プロフィール
1947年生まれ、春日部高校卒業、法政大学2部社会学部中退、臨床化学研究所、赤旗出張所勤務の後、1983年春日部市議会議員に初当選、2014年4月まで春日部市議通算8期31年、2005年春日部市長選挙に立候補、2014年衆院選埼玉13区に立候補、
2015年県議会議員選挙で県議初当選
現在・党東部北地区常任委員、党春日部市委員長、家族は妻と1女1男

埼玉県議団ホームページ