日本共産党埼玉東部北地区委員会

日本共産党東部北地区委員会の活動や情報を紹介するブログです。

「日本共産党綱領を英語で読む会」をおこなっています

img_4570%e2%98%85%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e7%b6%b1%e9%a0%98
綱領英語版を輪読する参加者、地区委員会事務所会議室にて

「原文の格調高さ実感」新たな発見学び交流

 埼玉県久喜市内の地区委員会事務所で、日本共産党綱領を英語で読む会が開かれています。2年半前から続いている「英語で『赤旗』を読もう!時事英語に親しむつどい」の参加メンバーの中から5人ほどが集まり、8月から、日本共産党中央委員会ホームページから入所できる英文の綱領「program of the Japanese communist party」を輪読しています。
 7回目の12日は第4章「民主主義革命と民主連合政府」の途中から第6章「社会主義・共産主義の社会をめざして」の冒頭まで読み進めました。
 元中学校英語教師の大貫法子さん(65)の助言を受けながら、担当者が日本語の原文を見ずに解読した和訳を読み上げます。疑問点や難解な部分を参加者で議論し、英語の表現だけでなく、「この部分は27回党大会決議案でも引用されていたね」など、発見したことを交流しています。
 参加者の大出繁夫さん(63)は「綱領をより深く学んでいます。統一戦線の部分は遠い話だと思っていましたが、社会でいま起きていることが書かれていると感じています」と言います。細谷宜朗さん(66)は「英語で読んだことで、日本語の原文の格調の高さを実感しました。海外の民主的活動家にも見てほしい」と話しました。

「英語で綱領」は来年1月で終了予定。「英語で『赤旗』も30回目となる1月の回で区切りをつけると言います。
 大貫さんは「外国語で読むと同じ文章でも違った角度で面白く読めます。1人では難しくても集団なら理解を深めることができます。ぜひ自分たちの地域でも開催してみてほしい」と呼びかけています。

(「しんぶん赤旗」2016年12月15日付より)


11.20埼玉県集会に3000人

 
入間市での集会で発言する、伊波洋一参議院議員

 11月20日、自衛隊は「駆けつけ警護」の任務を帯びて南スーダンPKOへ第11次隊を派遣します。昨日19日は、国会前に「自衛隊員を南スーダンに送るな」「戦争法を廃止せよ」と3800人が詰めかけました。また、青森駐屯地では、自衛他第11次派遣隊の壮行式が開かれ、隊員350人と家族約300人が参加しました。
 埼玉県では、20日、午後1時半から、入間市の彩の森入間公園を開場に、安保法制の発動許すな!入間基地拡張ストップ!緑の森を守ろう!、11.20埼玉県民集会が開会されました。ゲストスピーカーとして沖縄選出の伊波洋一参議院議員が、沖縄の実態など発言しました。集会は3000人の参加者で成功、集会後に市内をデモ行進しました。

東部北地区囲碁将棋大会を開催

東部北地区囲碁将棋大会が10月9日(日)、春日部市民文化会館で開催されました。
 日本共産党と「しんぶん赤旗」は、多くの人々が囲碁、将棋に親しみ、気軽に参加できる全国囲碁将棋大会を毎年主催しており、今年で53回を数えます。地区大会の上位で入賞した方が、埼玉県大会、全国大会と進んでいきます。
 今年の東部北地区大会は、小学生から高齢の方まで幅広い方たちが参加。囲碁の参加者が32名、将棋の参加者が44名、合計76名で熱戦がおこなわれました。

   
囲碁将棋大会会場 10月9日

蓮田・演説会開催


激励を受ける伊藤候補(右から2人目)と共産党市議団

 日本共産党蓮田市委員会は、4月3日、蓮田市内で演説会を開きました。伊藤岳参議院埼玉選挙区候補が演説し、「日本共産党を比例代表でぐんと伸ばし、埼玉選挙区では何としても私を勝ち抜かせてほしい」と訴えました。
 伊藤氏は、「安倍暴走政治を許さない」という国民の運動が政党を動かし、野党共闘を進めたと述べ、「自民・公明対野党と市民」という対決構図が鮮明になったと強調。「参議院選挙は安倍政権を倒す選挙です」と力を込めました。地域の医師会のつどいに招かれた経験を紹介し、「共産党とは立場が違う人からも『野党頑張れ、共産党頑張れ』と、熱い期待が広がっています。共産党への支持が広がる条件はどこにでもあります」と訴えました。
 小学生の子の母親は「日本を戦争する国にしようとする人たちは私たち一人ひとりの暮らしを無視している。小さな声を大事にする共産党に頑張ってほしい」と期待を述べました。

戦争法廃止の政府をどうつくるのか シンポジュウム


5野党合意も力に戦争法廃止へ全力をあげると語った伊藤氏(右から3人目)。その左へ、日森、松崎両氏。右2人はVIPとママの会の代表=2月27日、春日部市

 埼玉県春日部市の市民文化会館で2月27日、「戦争法を廃止する政府をどうつくるのか」をテーマにシンポジウムが開かれ、約260人が参加しました。「戦争イヤだ!『戦争法』廃止を求める春日部市民の会」の主催。
 日本共産党と社民党、生活の党、「安保関連法に反対するママの会@埼玉」、大学生・高校生でつくる「VIP埼玉」の各代表が発言しました。
 共産党の伊藤岳県民運動委員長(参院埼玉選挙区候補)は、戦争法廃止に向けて選挙協力するとした「5野党合意」を紹介し、「野党が共闘し、自民、公明を少数派にするために力を合わせます」と表明。「戦争法を廃止し、立憲主義と民主主義を取り戻す野党の姿が国民に見えてくれば、安倍政権に代わる対抗軸になります」と語りました。
 生活の党の松崎哲久元衆院議員は「『戦争する国』を阻止するという一番の価値のために野党がまとまることはできる」と指摘。社民党の日森文尋元衆院議員は、戦争法以外の政策の合意について「この課題なら一致できるというものを積み上げていけば展望が開けるのではないか」と語りました。
 ママの会の女性は、5野党合意を歓迎し「野党をつなぎ合わせる役割を果たしていきたい」と述べ、VIPの青年は、「野党は国民が希望と展望を持てる政策を打ち出してほしい」と求めました。
 シンポジウムに先立ち、小林節慶応大学名誉教授のインタビュービデオを上映。集会後、参加者は春日部駅前までパレードし、「戦争法は廃止に」と訴えました。
(しんぶん赤旗2016年3月2日付より)  
  
  
シンポジウム 戦争法廃止する政府をどうつくるのかin春日部 動画
 
 
  


        
  • 1
  • 2
  • 3