日本共産党埼玉東部北地区委員会

日本共産党東部北地区委員会の活動や情報を紹介するブログです。

“重い障害、理解して” 小児医療センター現地存続求める/埼玉でシンポ

小児専門の高度医療を行う埼玉県立小児医療センター(さいたま市岩槻区)を、さいたま新都心(同市中央区)に移転させる計画について、市民団体の「県立小児医療センターの現在地存続を考える連絡会」は24日、伊奈町の県民活動総合センターでシンポジウムを開き、患者の家族や地域の住民ら115人が参加しました。

 
小児医療センターのシンポジウムで「実態を知って」と発言する患者の家族ら
2014年11月24日、伊奈町

「重い障害を持った子どもの家族の生活がどんなものか知ってほしい」と訴えた鳥嶋美家(みや)さん=さいたま市=は、呼吸困難などの障害がある娘の看護で24時間つきっきりの生活を語り、「医療センターに通う家族は精神的な負担から、人目を避けたり、待合室で泣いてしまう人もいる。そういう人が通うのになんで新都心なのか。理解せず移転が進められているのが問題」と語りました。

「蓮田の会」の島村みき子さんは、地域の自治会をはじめ、多くの住民からセンター存続の署名が寄せられていることを紹介し、「八王子の小児・障がい者医療を考える市民の会」の安藤美知子代表は、八王子、清瀬、梅ケ丘の都立3病院存続の運動の経験を発言しました。

済生会栗橋病院院長補佐の本田宏医師は、医療の充実を阻んでいる医師の絶対的不足や医療費抑制政策の問題を指摘し、「投票に行き、政治を変えよう」と呼びかけました。

県は移転後の跡地に民間の在宅治療支援施設を整備する方針です。しかし、救急や入院機能を備えた専門病院を残すよう求めている患者家族らは「要求とはほど遠い」と納得していません。(赤旗2014年11月26日付より)


ブラック企業・ブラックバイトにレッドカードを/若者が集会

 さいたま市で16日、「ブラック企業・ブラックバイトにレッドカードを」と訴えた若者の集会が開かれ、約100人が参加しました。民主青年同盟埼玉県委員会と日本共産党県委員会でつくる実行委員会の主催。

日本共産党の吉良よし子参院議員が講演し、「若者の夢と希望を奪うブラック企業をはびこらせてきたのが自公政権であり、労働法制を改悪しようとする安倍首相です」と指摘。一方で、「生涯派遣」を強いる労働者派遣法改悪を国会で2度にわたり阻止してきた運動の力を強調し、「連帯し、声を上げれば押し戻すことができます」と訴えました。予想される総選挙で「包囲し、安倍政権を打倒しよう」と語りました。

交流では、労働現場の実態を出し合いました。英会話講師の女性は「契約では講師だったけど実際は営業。ノルマを達成できないとパワハラを受ける。時間外労働は月40時間ぐらいだが固定給しか出ない」と話し、元介護職員の男性は「休日出勤しなかったり書類の提出が遅れるとボーナスを減らされる。夜勤では所定の仮眠をとらせてくれなかった」と語りました。別の介護職員の男性は「休憩が取れないのが当たり前になっている。『この程度だったら』と思わず、たたかっていきたい」と話しました。

集会後、参加者はJR浦和駅前までデモ行進し、軽快なリズムで「人間らしく働きたい」「ブラック企業はもうごめん」と唱和しました。(赤旗2014年11月17日付より)


講演する吉良よし子参議院議員


英語で「赤旗」を読もう!時事英語に親しむつどい

最新の英語ニュースに登場する時事英語。久喜市で「英語で『赤旗』を読もう!時事英語に親しむつどい」が開かれています。10月16日は第3回目のつどいを開催しました。


大貫さん(左)の説明や発音はわかりやすいと評判です

 つどいは8月から始まりました。発案したのは大貫法子さん(63)です。東京都内の中学校で約30年間、英語の教員をしていました。「学生時代から『しんぶん赤旗』は私の先生でした。社会のことや伝わりやすい文章の書き方を学びました。英語版があると知り、読んでみたいと思ったのは自然な流れです」
 教材は「しんぶん赤旗」の主要記事を英訳した「ジャパン・プレス・ウィークリー」(ジャパン・プレス・サービス発行)から選びます。この日取り上げたのは、日本軍「慰安婦」問題に関連して脅迫を受けている札幌市の北星学園大学を支援する会が結成されたという記事です。外国語大学の英米学科を卒業した30代の女性、元小学校教員の60代の男性など8人が集まって、つどいが始まりました。

 「テキストを見てください。線を引いている部分が今日のポイントです」と大貫さん。「見出しの中の『comfort women』という言葉に線を引いています。『慰安婦』を英語では、こう表現するんですね」「会を結成した全国の大学教員や弁護士たちは、自由と民主主義を守るために『beyond differences』、つまり、思想信条、立場の違いを超えて共同しようと呼びかけています」
 大貫さんの説明に合わせて、参加者は真剣に英文を目で追います。英和辞典や電子辞書を傍らに置いて、わからない単語をすぐに調べる人もいます。大貫さんは段落ごとに解説し、何度もゆっくり、はっきりと英語の発音をしてみせます。「一緒に声に出して読んでみましょう」という大貫さんの言葉に続いて、参加者はそれぞれのペースで音読しました。
 一語一語にじっくり向き合う中で、参加者からは疑問や意見が活発に出されます。話題は英語にとどまらず、記事の内容にも広がります。「慰安婦」問題の本質覆い隠そうとする勢力への怒りや懸念が口々に語られました。大貫さんは「教材の内容に興味があれば、英語でも読んでみようと思うはず。英語が学べて政治や社会への思いも語り合える場は貴重だと思います」と言います。

 参加した人たちに、英語を習得してかなえたい夢を聞きました。細谷宜朗さん(64)は、「赤旗」記事のスクラップ帳を見せながら「人がプラカードなどを掲げている写真を国際面で見ると、書いてある英単語の意味を調べます。いつか核不拡散条約(NPT)再検討会議が開かれるニューヨークに行って外国の民主団体の人と話してみたい」。森豊治さん(69)は「O・ヘンリーの短編集なんかに挑戦したことがあったけど最後まで読めなくて。英語で一つの物語を最後まで読んでみたい」と話しました。
 仲間を募って英語で「赤旗」を読むことが夢だった大貫さん。「夢がかなってうれしい。時事英語に触れることで頭の体操や気分転換になるといいと思います。集まって楽しく学びながら、社会をよくしようと活動している人たが英語を使えるようになれば運動の幅が広がります。その役にたてれば、と願っています」
(2014年11月7日付け、しんぶん赤旗記事より)

赤旗まつり15万人の参加で開催

東京都江東区の夢の島公園で開催の第41回赤旗まつりは3日、3日間で約15万人が参加し閉幕。来年のいっせい地方選挙と国政選挙で日本共産党が躍進して、「亡国の政治」を続ける安倍政権を打倒政しようと決意を固めあいました。
 東部北地区委員会からは900人を超える方がバスなどで参加し、この3日間だけで東部北地区委員会として3名の方が日本共産党に入党していただきました。
 
 
八代亜紀さんが熱唱した野外ステージ(11月2日)

        
  • 1
  • 2
  • 3